Sponsored link

「ラヴァーズ・コンチェルト」ザ・トイズ

「ラヴァーズ・コンチェルト」

この曲はアメリカのSandy Linger , Denny Randellに
よって作られ、1965年にザ・トイズが歌ってビルボードの
2位になるほど大ヒットしました。
裏声になる所が記憶に残ってました。

原曲はJ・S・バッハ「アンナ・マグダレーナ・バッハの
音楽帳」の中に含まれる「メヌエット ト長調 BWV Anh.II/114」で、
元の3/4拍子を4/4拍子にアレンジしてあります。
ちなみに、この曲は長らくバッハ作曲と伝えられてきましたが、
現在ではクリスティアン・ペツォールト(Christian Petzold,
1677〜1733)の作品であることが通説となっています。



ではオリジナルのザ・トイズで。
"A Lover's Concerto"The Toys(1965)


日本ではサラ・ヴォーンのほうが有名ですね。
Sarah Vaughan


原曲をトン・コープマンのチェンバロで。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253303214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。