Sponsored link

「オンリー・ユー」プラターズ Only You

1950年代、黒人達が街角などに集まってアカペラで歌ったこと
から始まった「ストリート・コーナー・ミュージック」が
発展して「ドゥワップ」と呼ばれるスタイルが生まれてきました。

そのスタイルをさらに発展させポップにしたのがプラターズの
スマッシュ・ヒット曲「オンリー・ユー」でした。


1953年に結成されたプラターズは、リードのトニー・ウィリアムス、
テナーのデヴィッド・リンチ、バリトンのポール・ロビン、
バスのハーブ・リードという典型的なゴスペル・カルテット編成の
男性4人に紅一点としてコントラルト(女声の最低音)のゾーラ・
テイラーを加えた5人編成のグループです。

女性をコーラスに加えたことで、男声だけのコーラスより
艶やかな印象を与え黒人だけではなく白人層へもアピールし、
ポップ・チャートでの大ヒットに繋がっていきました。


マーキュリー・レコードと契約後の1955年、バック・ラムと
アンディ・ランドによって ザ・プラターズのために作られた
「オンリー・ユー」が、その年彼等のデビューとともにR&B
チャートでは7週連続1位を記録、ミリオン・セラーとなりました。

続く「グレート・プリテンダー」は全米ポップチャートでも
1位となり、その後も「トワイライト・タイム」、
「煙が目にしみる」など数々のヒットを飛ばしました。


その後幾度ものメンバーチェンジと分裂を経て、いくつもの
プラターズが活動することになってしまいます。

1990年にはロックの殿堂入りを果たし、1997年にオリジナル
メンバーのハーブ・リードを中心とするグループが
本家プラターズとして活動することを裁判所に認められました。



1956年の映画「Rock Around The Clock」からの映像です。

歌詞付きなので、一緒に歌ってみましょう ♪
「Ah−ah.only you〜」のとこがムズイです(^_^;



車(プリウス)のCMにフランスのユニット「ゼブラ」が歌う
「オンリー・ユー」が使われていますね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。