Sponsored link

「シュガー・タウンは恋の町」ナンシー・シナトラ Sugar Town

ソフトバンクの新しいCMで、スクールバスまで女の子を見送る
キャメロン・ディアスの後ろで流れる歌「シュガータウン」を
歌っているのが、かの有名なフランク・シナトラの娘、
ナンシー・シナトラです。

1940年6月4日、ニュージャージーに生まれたナンシーは、
幼少の頃から歌、ピアノ、ダンスなどのレッスンを受けます。

1962年に、父親が設立したレーベル、リプリーズから
「カフス・ボタンとネクタイ・ピン」でデビューします。
 
リプリーズ・レーベルには、フランク・シナトラ、
ナンシー・シナトラ、 リー・ヘイゼルウッド、
ディーン・マーティンという「シナトラ一族」とでも
言うべきメンバーが属していました。


1965年の「にくい貴方」が全米1位を獲得。
この曲は、エンディング間際のトランペットの♪パパパパッ〜
パパパパ♪というところがTBSの「うたばん」のテーマ曲として
使われていますので、耳にした方もおいででしょう。


この曲の後も67年ごろまでは発売する曲すべてがTOP40の
ヒットになります。
「バンバン」「サマー・ワイン」(with リー・ヘイゼルウッド)、
「レディバード」( with リー・ヘイゼルウッド)、
「ドラマーマン」、そして映画「007は二度死ぬ」タイトル曲、
この映画は日本ロケがあり、丹波哲郎、浜美枝が出演していました。
ボンド・カーは国産名車「トヨタ2000GT」でした。


ナンシーは父親似で決して美人ではない(?)のですが、
当時では珍しいミニスカートとブーツ姿で若者のセックス・
シンボル的人気だったようです。

当時ベトナムのアメリカ兵の兵舎の壁にはナンシーのポスターが
多く貼られていたそうです。



70年以降子育てに専念していましたが、80年代半ばから芸能活動を
再開させ現在にいたっています。。



「シュガー・タウンは恋の町」はリー・ヘイゼルウッドの作品。 
ポップな調子とは裏腹に「面倒な人間関係はいいから、一人に
してくれない」といった歌詞で、実はLSDをほのめかす内容だと、
後にナンシーが告白しています。


この曲も66年暮れに全米5位の大ヒットとなっています。

Sugar Town Nancy Sandra Sinatra



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。