Sponsored link

「ケセラセラ」ドリス・デイカテゴリの記事一覧

「ケセラセラ」ドリス・デイ Que Sera Sera

ケ〜セラ〜セラ〜、なるように〜なる〜 ♪
今でも時々口をついて出てくることがありますね(^_^)


ドリス・デイ(Doris Day, 本名 Doris Mary Ann Von Keppelhoff)
は1924年4月3日、アメリカのオハイオ州シンシナティに生まれ
ました。

ドイツ出身の音楽教師だった父の影響で彼女は子供の頃から歌って
踊るのが大好きでした。

14歳の時に交通事故に遭いダンスの道を断念しますが、歌の練習に
励み、16歳の時には Les Brown and His Band Renown という
有名ジャズバンドに参加します。

1942年(18歳)にバンドのメンバーの Al Jorden と愛し合う
ようになり結婚しますが、彼の家庭内暴力に悩まされ、子供テリー
(後レコードプロデューサー)を産んですぐに離婚します。

彼女はこのバンドのリーダー Lester Brownの曲「センチメンタル・
ジャーニー(Sentimental Journey)」を歌いこれを大ヒットさせ
ます。

1946年にはGeorge Weidlerと2度目の結婚をしますが、8ヶ月で
破局。

1948年「洋上のロマンス(Romance on the High Seas)」で
映画デビューし、1950年「二人でお茶を(Tea for Two)」、
1953年「カラミティー・ジェーン」と、歌える女優として
活躍します。

この頃、彼女はMarty Melcher と出会い、ドリスのエージェント
を務めるようになります(1951年に結婚)。

1956年「知りすぎていた男」の中で彼女が歌った「ケセラセラ
(Que Sera Sera)」は世界的なヒットになりました。

1968年にMartyが亡くなると映画界からは引退しますが、TV界に
誘われて「ドリス・デイ・ショー」に出演することになります。

1968年から1973年まで続いたドラマ仕立てのこのショーで、
ドリスは多くの有名人とそのペットを紹介しますが、この番組が
その後の彼女の新しい生き方を決めることになります。

1976年に4度目の結婚をしたBarry Comdenと1981年に離婚したあと、
彼女はカリフォルニア州のカーメルに設立した「Doris Day Animal
League」で、家庭内のペットたちの世話の仕方などについて
多くの講演、著作活動を行なっています。



それでは、ドリス・デイの美しい歌声とポートレイトを
お楽しみください。

1曲目は映画「カラミティ・ジェーン」の主題歌「シークレット・
ラブ」これは、アカデミー主題歌賞を獲得した名曲です。

2曲目に「ケセラセラ」が歌われています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。