Sponsored link

「マイ・ガール」テンプテーションズカテゴリの記事一覧

「マイ・ガール」テンプテーションズ My Girl

テンプテーションズは黒人男性5人組のボーカル・グループ。
甘く美しいハーモニーと洗練された身のこなしで、30年以上に
渡ってその名の通り音楽ファンを誘惑し続けています。

1965年から89年の間に彼らが放ったR&Bトップ10ヒットは43曲、
うち14曲がチャート1位に輝きました。

1992年にロックの殿堂入りを果たしています。


1960年デトロイトでプライムスとデイスタンツという2組の
グループのメンバーで結成されたエルジンズが出発点で、
1961年テンプテーションズに改名、レコード・デビューします。

1960年代のメンバーは、
ファルセットが元プライムズのエディ・ケンドリックス、テナーが
ポール・ウィリアムズ、バリトンが元ディスタンツのオーティス・
ウィリアムズ、バスが同じくメルヴィン・フランクリン、
そしてバリトン・テナーが1963年に加入したデヴィッド・
ラフィンでした。

そしてラフィンがメイン・ボーカルを歌った「マイ・ガール」に
よって、彼等は一躍トップ・スターとなったのです。

1964年12月21日に録音され、翌年1月16日にビルボード76位に
初登場、3月6日付でトップに立ったこの曲は、彼等にとって
だけでなく、モータウン・レーベルの男性ボーカル・グループにとっても初の全米No.1ヒットでした。

ちなみに、この曲はもともとテンプテーションズのために書かれた
ものではなく、作曲家/プロデューサーで自身もモータウンを
代表するアーティストの一人であるスモーキー・ロビンソンが、
自分のグループ、ミラクルズのために書いたものでした。




1970年代は、デニス・エドワーズをリードに迎え、メッセージ性
豊かなサイケデリック・ソウルを展開しました。

1980年代〜現在は、アリ・オリ・ウッドソンが加入、大胆に
ブラック・コンテンポラリーを導入して若返りを図っています。



では、ウイリアムズ(スモーキー)・ロビンソンとロナルド・
ホワイトの作による「マイ・ガール」を振り付けにも注目
しながらごらんください。




スモーキー・ロビンソンは前年には「マイ・ガイ(My Guy)」
(歌っているのは女性)という曲もヒットさせています。

1991年の映画「マイ・ガール」(マコーレー・カルキン主演)は、
テンプテーションズのヒットナンバーに乗せて、少年少女の
初恋物語を切なくユーモラスに描いた作品です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。